縫合糸

Suture

手術用縫合糸は、古代より木綿糸、絹糸、腸線などが使われていた歴史があります。その後、合成糸のナイロン、ポリエステル、合成吸収糸が出現し、汎用されております。しかし、縫合糸としてすべての条件を満たす糸というものは皆無であり、またその必要性もありません。重要なのは目的にかなった糸を選ぶ事です。

形状による縫合糸の区分について

縫合糸の素材による区分

縫合糸の素材による区分

縫合糸の形状による区分

  • モノフィラメント(単糸)

    単一のフィラメントからなる糸

    一般的に組織通過性が良い反面、結節が緩みやすい欠点があります。

  • マルチフィラメント(編糸)

    細いフィラメントを編み込んだ糸

    一般的に結紮が緩みにくく取り回しやすい反面、組織通過性が悪い欠点があります。柔軟であることから、太いサイズになるほど操作性が有利となるため、強度の求められる術部の閉創に多用されます。

縫合糸の太さ

縫合糸の太さ
縫合糸の太さ

縫合糸の販売形態による区分

滅菌済みカットタイプ滅菌済みボビン巻・未滅菌ボビン巻

製品コードに関して

縫合糸製品コードに関して(カットタイプ)

製品例

縫合糸製品コードに関して(ボビンタイプ)

製品例