針付縫合糸

Suture with needles

針付縫合糸の大切な部分は針と糸の接合部です。いくら針と糸が適切に接合されていても、太い針の後に細い糸が通過するのでは出血する可能性があります。 弊社の針付縫合糸は可能な限り糸を針の太さに近づけたものを標準タイプとして製作してます。

形状による針付縫合糸の区分について

先端形状の代表例

  • 丸針

    柔らかい組織に使います。特に組織の損傷をできるだけ避けたい部位に最適です。

  • 逆角針

    皮膚をはじめ硬い組織に汎用されます。弯曲部内側の組織を保護したい場合に使用します。

  • 平角針

    組織の横側を切断するのに使用します。上面が平らなので刺通外の部分まで切開する心配がありません。

  • 先端角針

    基本的には柔らかい組織に使いますが、石灰化した組織や人工物との縫合に適しています。

  • 鈍針

    組織を切らずに縫合糸を通す場合や、肝臓・ 腎臓など出血しやすい柔らかい組織の縫合に使用します。

弯曲の代表例

縫合針には直針と弯曲した針があります。一般的には弯曲針が多く用いられます。また弯曲した針には大きく分けると強弯と弱弯があります。

 
弱弯(3/8) 主に心臓血管外科、一般外科、形成外科、眼科などの手術に用いられます。
強弯(1/2) 主に一般外科、産婦人科、心臓血管外科の手術に用いられます。
強強弯(5/8) 主に産婦人科や泌尿器科など深部の手術に用いられます。
弱弯(3/8) 主に心臓血管外科、一般外科、形成外科、眼科などの手術に用いられます。
直針 主に歯科、一般外科に用いられます。

縫合糸の区分について

手術用縫合糸は、古代より木綿糸、絹糸、腸線などが使われていた歴史があります。その後、合成糸のナイロン、ポリエステル、合成吸収糸が出現し、汎用されております。しかし、縫合糸としてすべての条件を満たす糸というものは皆無であり、またその必要性もありません。重要なのは目的にかなった糸を選ぶ事です。

縫合糸の素材による区分

縫合糸の素材による区分

縫合糸の形状による区分

  • モノフィラメント(単糸)

    単一のフィラメントからなる糸

    一般的に組織通過性が良い反面、結節が緩みやすい欠点があります。

  • マルチフィラメント(編糸)

    細いフィラメントを編み込んだ糸

    一般的に結紮が緩みにくく取り回しやすい反面、組織通過性が悪い欠点があります。柔軟であることから、太いサイズになるほど操作性が有利となるため、強度の求められる術部の閉創に多用されます。

縫合糸の太さ

製品コードに関して